東京競馬場は東京都府中市にあり、府中競馬場という名でも知られています。
毎週土日開いていますが、実際に競馬が開催されているのは年間22週で、それ以外の週は他の競馬場のレースの場外発売場となります。

競馬をする際、馬を見ることも大切ですが、その競馬場の地形の特徴を知ることも大切です。
スピードが急に増したり脚が止まったりの理由は脚質だけでなく競馬場の地形、特に高低差という特徴が影響を及ぼしている場合も多いからです。馬券の的中率を挙げる為には重要な要素です。
テレビでは平坦に見えますが起伏に富んでいます。実際に競馬場にいくことで分かる要素なのです。

東京競馬場の特徴は、なんといっても最後の長い直線です。ただ平坦なだけでなく急な上り坂もあるので差しや追い込みの馬が能力を発揮できる有利なコースです。
東京競馬場の地形の特徴は、まずはスターと後に長く緩やかな下り坂が続きます。この下り坂で馬は自然とペースが速くなってしまいがちです。
そのため最後までスタミナが持たないというケースも多いのです。長い下り坂のあとは更に3コーナーから4コーナーの緩やかな2.3mの坂を下ったあとは525.9mの長い直線が待っているのです。
上り坂のあるこの直線は最後までばてない強さのアル馬ではないと制することができないのです。

東京競馬場の楽しみはレースだけではありません。約100軒のレストランや売店、ファストフードのお店があり名物グルメも多数そろっているのです。
らーめん西海の西海ラーメンやハロンボウのカレーライス、トーキョーカフェ&ベーカリーの大穴ドーナツをはじめ、ドマーニのパスタやウインの競馬場ステーキなどおしゃれなお店、豪華なお店も多数あります。
広くてきれいな公園も整備されていて子供向け遊具も充実しているので子供連れできてもよいでしょう。ヒーローショーや子供向けのスタンプラリーや体験乗馬など楽しいイベントも行われています。

馬について、競馬についてもっと知りたいという方は競馬博物館もあります。競馬ゲームのコーナーや360度の映像ホールもあるので子供も楽しめる内容となっています。平日も営業しており入館料無料です。
東京競馬場ではレースだけでなくB級グルメ祭や有名アーティストのライブ、サッカー教室、花火大会など競馬以外のイベントも行っています。春には桜が満開ですし、それぞれの季節の花も楽しめます。
競馬場の特集はインターネット上の競馬情報サイトでも公開されておりますが、競馬ファンであっても競馬ファンではなくても楽しめる場所です。
ギャンブルだけではなく、デートなどで利用するカップルもここ近年増えているようです。競馬に興味が無い方でも十分に楽しめる場所なので、一度出向いてみてはいかがでしょうか。